健康経営宣言

Honda Cars 北海道 健康経営宣言

Honda Cars 北海道は、Hondaの創業からの経営理念である、「人間尊重」に基づき、社員ひとり一人を尊重してまいります。
社員とその家族が心身ともに健康であること、社員一人ひとりが将来の夢を持ち続け、個性と能力を最大限に発揮することが、当社発展の基盤であると考えます。
当社は「健康経営」の実践にあたり、会社・従業員・労働組合・健康保険組合が連携して「安全・安心・快適」な職場環境づくりを推進してまいります。

株式会社ホンダ四輪販売北海道
代表取締役社長 塚本 真也

健康経営組織

取り組み事項

  1. 健康管理を徹底する取り組み
    • 就業時間中における社員の定期的な健康診断の実施(2018年度実施100%)
    • 35歳以上の社員へ定期的な成人病検診の実施(2018年度実績100%)
    • 生活習慣病予備者に対する産業医による保健指導の実施(2018年度実績100%)
    • 特定保健指導の未受診者を無くすため、進捗表による管理を行い受診率100%を目指す
    • ストレスチェックの結果を踏まえた環境改善対策の検討(2018年度受検率90.0%)
    • 全従業員を対象としたインフルエンザワクチン予防接種費用の補助
  2. 健康でいきいきと働くことができる職場環境の整備
    • 労働時間の適正化のため、管理職を含めた時間外労働時間の削減を推進
    • 有給休暇取得のため連続有休取得を推進し進捗状況を管理(休日を含めた5連続休日)
    • 社員が自由に意見を交換できるラウンドテーブルミーティングの実施(年1回開催)
    • 会社と組合が一体となった職場環境調査の実施と改善(年1回開催)
    • コミュニケーションを促進するため、地域清掃や各種ボランティア活動に参加への働きかけ
    • 管理職へのハラスメント研修の実施と相談窓口の設置